茶心の目覚め

「長野の人は延々とお茶を注ぎ続ける
と言われますが、
当の長野県民(私)は、なぜこんなことが敢えて議論の的になるのか
全く分からないでいました。(あたりまえすぎて)

しかし、最近ようやく他県との違いに気付き、
気付きついでに「わび・さびの世界のお茶」っぽく
一期一会の精神で丁寧にお茶を入れてみたいと、
突発的なお茶ブームだった私に、鎌倉で衝撃的な出会いがありました。

「茶処 陽」
着物姿の女将さんが、丁寧にお茶をたててくれます。
師匠!!と叫びたくなりました

あれから毎日、丁寧にお茶を淹れれている・・・つもりなんですが、
結局がぶがぶ飲んでいる・・・

やっぱり足りない・・・・





| mom-healing | - | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://farm.mom-healing.com/trackback/939765